南千住の歯科(歯医者さん)リバーハープタワー歯科です。審美歯科の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

  • 電話番号

    診療時間 / 午前10:00-13:00 午後14:30-19:00

歯を白くしたい

歯を白くしたい

「銀歯が気になる」

「黄ばんだ歯が、老けて見えるので白くしたい」

「就職活動にむけて、笑顔に自信が持ちたい」

「結婚式にあわせて、歯も白くしたい!」

歯を白くする方法には、以下の二つがあります。

1.詰め物や被せ物を替える

2.ホワイトニングをする

どちらも当院で出来ます!

※保険で出来る白い歯もあります!

→あきらめてませんか?白い歯のページへ

詰め物・被せ物を白くしたい~各素材のご案内

おそらくみなさんのご想像よりも選択肢が広く、ご予算に合わせて様々な方法があります。

日々さまざまな材質による新しい商品が開発されています。

保険適用範囲の銀歯やレジンもありますが、自費の材料という選択肢もあります。

自費の材料は、審美性はもちろん、劣化などによる長期的に掛かる費用や手間を考えて、オールセラミックやジルコニアなど長持ちする材質を選択する患者様が増えています。

「でも、どうしたらいいか、わからないわ」

医院で聞きそびれた、予習しておきたい、そんな時、下記の内容が参考になると幸いです。

詰め物(インレー)とかぶせ物(クラウン)の違い


かぶせ物(クラウン)

一般には歯の「かぶせ物」として知られておます。

歯の欠損した部分を補修仕切れない場合、歯全体を冠として覆い、1歯全体を補います。


詰め物(インレー)

一般には歯の「詰め物」として知られています。

虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰め、治療を終了します。

詰め物(インレー)とかぶせ物(クラウン)の素材の種類


1.レジン樹脂(保険)

保険適用の材質の中で一般的なものの代表がレジン樹脂です。

レジン樹脂は永年使用していると、変色したり、磨り減って擦り減りやすく、脆い材料のため、噛み合わせに強い力が加わる部分への使用はお勧めできません。。

2.銀歯(保険)

いわゆる「銀歯」です。

噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることもあります。

また、金属アレルギーになってしまうこともあります。


3.自費の材質

ジルコニア、オールセラミックス、メタルボンド、ハイブリッドセラミックス、金歯他様々な材質があります。

保険適用の材質に比べ人体に影響が少なく、審美的にも優れており、生涯治療費は保険材質に比べると安くなるケースが多いです。

ホワイトニング~ホームホワイトニング


ホームホワイトニングは、ご自宅で出来る歯のホワイトニングのことです。

当院では、NITEホワイト・エクセルというホームホワイトニングのシステムを導入しております。

NITEホワイト・エクセルは、アメリカで最も一般的なホワイトニング材で、着色歯面の改善を短期間で安全に効果的に行うことできます。

このシステムは、日本で初めて厚生労働省の認可を受けたシステムです。

歯の美しさに対して意識の高いアメリカで、歯科医師からだけでなく患者からも圧倒的な支持を得ている、最もシェアの高いホワイトニングシステムです。

当院で作製したマウストレーに、NITEホワイト・エクセルのジェルを入れて使います。 1日2時間の使用で、素晴らしい効果を得ることができます。

(個人差はありますが、約1ヵ月で白い歯になります。)

NITEホワイト・エクセルの主成分は、過酸化尿素です。

過酸化尿素は過酸化水素より刺激が少ないため、より安全に使用できます。

また、このシステムは後戻りが少なく、より長く効果を持続することができます。

NITEホワイト・エクセルの特徴

・使いやすいジェル状です。

・シリンジに目盛りが付いていますので簡単に適量を取り出すことが出来ます。

・シェードガイドが入っていますので患者さんが自分で色調の変化を確認できます。

治療の流れ

1.注意事項などの説明を受けます。

2.口腔全体の診査と適応症についての確認を受けます。

3.歯科医師又は歯科衛生士が、前処置として(PMTC)機械的歯面清掃をいたします。

4.歯の色の診査を行います。

5.歯型をとり、専用のマウストレーを作製します。

6.ジェルをマウストレーに注入し、装着します。

ジェルの必要量には個人差があるので、試適を行って歯科医師によって決められた必要量以上は使用しないようにしてください。

7.ホワイトニングは1日2時間以内で、マウストレーは使用後洗浄し清潔に保管するようにしてください。

エアフロー 炭酸カルシウムのパウダーを特殊な器具で吹き付けて汚れを取ります!

1.使う機器です。

2.炭酸カルシウムのパウダーです

3.専用機器にパウダーを入れるところです

4.どうなるのでしょうか?

お茶・コーヒー・タバコなどによる着色がきれいになります!
(治療結果には個人差があります)

5.費用

¥1600~¥2500(税込)

クラウン・インレーのメニュー

クラウン(被せ物)

自費のクラウン

オールセラミック冠

メリット

・金属を使わないので天然歯の透明感や色調を再現できて美しい。(口元の印象が非常によいです。)
・変色しない。
・耐久性が高い。
・表面が滑沢なので細菌が付き難く、臭いが出難い。
・金属アレルギーの心配がない。

デメリット

・奥歯の場合、欠ける可能性が少しある。

保証期間 5年

費用 ¥108,000

メタルボンドセラミック冠(金属+セラミック)

メリット

・オールセラミックには少し劣るが色調がきれい。
・変色しない
・表面が滑沢なので細菌が付き難く、臭いが出難い。
・耐久性が高い

デメリット

・歯肉との境目が黒く見えることがある。
・透明感がオールセラミック冠に比べて少し劣る。
・奥歯の場合、欠ける可能性が少しある。

保証期間 5年

費用 ¥97,000

ハイブリッドセラミック冠(セラミックと樹脂が混合したもの)

メリット

・オールセラミックには劣るが色調がきれい。
・金属アレルギーの心配がない。
・比較的安く済む。

デメリット

・年数が経つと変色したり、光沢がなくなる。
・耐久性がオールセラミック冠やメタルボンド冠に比べてやや劣る
・汚れが付き易い。

保証期間 3年

費用 ¥65,000

レジン前装冠(金属+樹脂)

メリット

・表の面を白くできる。
・比較的安く済む。

デメリット

・白色部分が年数が経つと変色したり、光沢がなくなる。
・歯肉との境目が黒くなることがある。
・汚れが付き易い。

保証期間 2年

費用 臼歯は¥53,000 ※前歯は保険適用

ゴールド冠

メリット

・硬さが天然歯に近く奥歯としては理想的で耐久性も非常に高い。
・薄く伸びるので歯との適合性が良く、二次的に虫歯に成りにくい。
・抗菌性があり、身体にやさしい。
・欠ける心配がない。

デメリット

・金色なので自然感がない。

保証期間 5年

費用 ¥65,000

保険適用のクラウン

パラジウム合金冠

メリット

・保険適用なので安く済む。

デメリット

・貴金属でないため錆びて金属アレルギーが出ることがある。
・適合性が劣るため二次的に虫歯になる。
・銀色なので自然感がない。
・アメリカやヨーロッパでは不認可である。

保証期間 なし

費用 ¥6,000弱(保健適応)

インレー(詰め物)

自費のインレー

ゴールドインレー

メリット

・硬さが天然歯に近く奥歯としては理想的で耐久性も非常に高い。
・薄く伸びるので歯との適合性が良い。そのため二次的に虫歯に成りにくい。
・抗菌性があり、身体にやさしい。
・欠ける心配がない。

デメリット

・金色なので自然感がない。

保証期間 5年

費用 ¥36,000~¥48,000

セラミックインレー

メリット

・金属と違い、冷たい物がしみにくい。
・金属アレルギーの心配がない。
・色調がきれいで、変色しない。
・表面が滑沢で細菌が付きにくい。

デメリット

・欠ける可能性が少しある。

保証期間 3年

費用 ¥50,000~¥60,000

ハイブリッドセラミックインレー(セラミックと樹脂が混合)

メリット

・金属と違い、冷たい物がしみにくい。
・金属アレルギーの心配がない。
・色調がきれい。

デメリット

・欠ける可能性が少しある。
・年数が経つと変色する可能性がある。

保証期間 3年

費用 ¥43,000~¥53,000

保険適用のインレー

パラジウム合金インレー

メリット

・保健適応なので安く済む。

デメリット

・貴金属でないため錆びて金属アレルギーが出ることがある。
・銀色なので自然感がない。
・適合性が劣るため二次的に虫歯に成りやすい。
・アメリカやヨーロッパでは認可されていない材料である。

保証期間 なし

費用 ¥5,000弱(保険適応)

※インレーは比較的小さい虫歯のときに適応となります。メリット、デメリットをよく比較していただき、材質をご検討下さい。

保証期間期間についての注意

下記の場合は、保証の適応外となりますので予めご了承下さい。

①こちらの指定する定期健診(メンテナンス)に来院されない場合。

②色の変化、磨耗などの経年的変化。

③外傷による破損。

④その他、歯科医師や歯科衛生士の指示が守られなかった場合。