南千住のリバーハープタワー歯科(歯医者)です。一般、矯正、インプラント、歯周病治療、小児、予防等の歯科治療を行っています。

  • 電話番号

    診療時間 / 午前10:00-13:00 午後14:30-19:00

合う入れ歯を入れたい・なおしたい

今入れている入れ歯でお悩みの方へ

「入れ歯を作ったけれど、だんだん合わなくなってきた」

「入れ歯が擦れて痛い・・」

噛めない、痛い入れ歯(義歯)で我慢されている方、実はとても多いのです。

「これくらいなら我慢していれば、何とかなる」

入れ歯が合わないことのデメリットは、痛いことだけではないのです。

入れ歯が痛いと噛み砕くことが疎かになり、よく噛み砕けていない食べ物が胃に入るために、胃腸への負担が増えることになります。

また、入れ歯にすることで、歯と歯茎の状態が変わっていくことは自然なことです。

歯を失ったことで、歯を支えている骨(歯槽骨:しそうこつ)はその役割を終えたと思い減っていきます。これがよく言う「歯ぐきがやせた」ということなのです。

どうすれば減るスピードを落とすことが出来るのか?

噛んで刺激し続けることが大事なのです。

なので「噛める入れ歯」が大事なのです。

いかがでしょうか?

入れ歯を入れるなら、噛める入れ歯であることが大事なのです。

こんなにいっぱい!噛むことのメリット

噛めることのメリットは、ほかにもあります。

噛めることは、認知症の予防・ガンの予防・歯周病予防に繋がります。

歯の健康は、体の健康とイコールなのです。

こんなにいい事があるなんて、噛まないでいることがもったいないくらいです。


画像をクリックすると別ウインドウで拡大します

出展:8020財団 噛むことの8大効用「ひみこのはがいいぜ」
https://www.8020zaidan.or.jp

「そうはいっても、いくらかかるか心配で、歯医者さんに足が向かない」

どうぞご遠慮なさらずに、リバーハープタワー歯科のスタッフにお話を聞かせください。

ご予算とご希望を伺い、一緒に噛める入れ歯を作っていきましょう!

抜けた歯の後をどうするのか?お悩みの方へ

「別に少しくらい歯がなくても大丈夫でしょう?」

実は、こんな困ったことが起きてくるのです。

・ 隣の歯が傾く

・ 物を噛み砕くことがおろそかになり、胃腸に負担をかける

・ 唇にしわが出来る

・ 顔つきが変わる

・あごの骨がなくなっていく

治療法の1つとして、入れ歯(義歯)が挙げられます。

入れ歯(義歯)はブリッジやインプラントと違い、取り外しのできる「修復物」です。

いろいろな「入れ歯(義歯)」

歯が1本もない場合:総義歯(入れ歯)

歯が部分的に無い場合:部分義歯

(バネを使い、残っている歯にはめて固定)

種類と価格

「いろいろ歯医者さんで相談するとしても、だいたいの費用が知りたいわ」

はい、確かにいくら費用がかかるか?が分からないで入れ歯の相談をしに行くのはドキドキします。

一覧表をご用意いたしましたので、参考になれば幸いです。

でも、どんな入れ歯にするか?はたまた入れ歯という選択がいいのかどうかは判断は、なかなか難しいもの。

ぜひ、どんな風にしたいか?をお聞かせください。

ご予算、ご希望にあった最適なものをご提案いたします。

名称 写真 素材 違和感 安定性 長所 短所 価格 保証
金属義歯 義歯床にコバルトクロムを 使用




・薄いため違和感がない
・硬いため安定した噛み心地
・食べ物の熱が伝わるので美味しく食べられる
・割れにくく変形しない
・金属アレルギーになることがある ¥216,000
(税込み)
5年
保険適用義歯 義歯床にプラスチックを使用 ・健康保険が適用できる
・調整が容易
・精度を高く作るのが難しい
・口の中の違和感が大きい
・割れたり変形しやすい
・耐久性が低い
・上あごの場合食べ物の熱が伝わらない
¥5,000~¥15,000
(負担割合により違ってきます)
保険適用
保険適用部分義歯 義歯床にプラスチックを使用 ・健康保険が適用できる
・調整が容易
・精度を高く作るのが難しい
・口の中の違和感が大きい
・割れたり変形しやすい
・耐久性が低い
・上あごの場合食べ物の熱が伝わらない
¥5,000~¥15,000
(負担割合により違ってきます)
保険適用
ノンクラスプ義歯 ナイロンを使用




・バネがないので入れ歯だと気づかれにくい
・違和感が少なく装着感もよい
・手入れを怠ると劣化する事がある ¥162,000~¥216,000
(税込み)
3年

保証期間についての注意

下記の場合は、保証の適応外となりますので予めご了承ください。

こちらの指定する定期健診(メンテナンス)に来院されない場合。

色の変化、摩耗などの経年的変化。

外傷による破損。

その他、歯科医師や歯科衛生士の指示が守られなかった場合。