南千住のリバーハープタワー歯科(歯医者)です。一般、矯正、インプラント、歯周病治療、小児、予防等の歯科治療を行っています。

  • 電話番号

    診療時間 / 午前10:00-13:00 午後14:30-19:00

歯科に関する豆知識

歯のけがのお話

2019.07.10

 私たちが普段生活をしていて歯をけがすることは、それほど多くはないかと思います。しかし、万が一 なにかのひょうしに強い外力が掛り、歯が折れたり、歯が根っこから抜けてしまったりした場合の処置や予後についてお話します。
歯のけがといっても、けがの種類は千差万別で今回はいくつかの場合に分けてお話しようかと思います。
1, 歯冠破折 
歯の頭の部分のみが折れた状態で破折が神経まで及んでいない場合は、むし歯の時に詰めたりする材料で修復するか、破折線がきれいな場合は破折したかけらを接着します。諦めずかけらもご持参ください。また、破折が神経まで到達してしまっている場合は、神経を部分的に取った後、同じように修復します。この場合の予後は比較的良好です。
2, 歯根破折
歯の根の部分が折れた状態で、処置は破折線が根の先に近いところであれば、そのまま経過を診ます。また、比較的歯の頭に近いところが折れた場合で、歯の頭が揺れている場合は隣の歯などしっかりとした歯に接着剤で固定し3~4週ほど経過を診ます。固定はその時状態がよければ外します。この場合、将来的には神経が壊死したり歯根が吸収されたりする場合がありますので定期的な経過観察が必要となります。
3, 震盪(しんとう)、歯牙亜脱臼
歯の根っこが抜けるまではいかないが歯根膜(根の周りを覆っている膜)がダメージを受けている状態で、揺れがなければそのまま経過観察します。多少揺れがある場合は、歯根破折と同様に固定し経過を診ます。この場合1ヶ月程度で歯の頭が変色してくる場合がありますが、永久歯で年齢が10代の場合は元にもどることもあります。
4, 歯牙脱臼 脱離
完全に歯が抜けた状態、元の位置に戻し(再植)歯根破折や歯牙亜脱臼と同様に固定し、神経が壊死している状態なので受傷後2週程度で歯の神経を取ります。予後は、年齢や再植までの時間などの条件によって異なりますが若い人ほどそして再植までの時間が短いほど良いといえます。
 歯が完全に抜け落ちた場合、再植すれば付く可能性も十分ありますので諦めないでお持ち下さい。その際に注意すべきことは、歯を乾燥させないことです。お口にいれて来院していただくか、生理的食塩水またはなければ牛乳につけて持ってきていただければ予後に希望が持てます。
実際に歯のけがは、これらの状態が複数からんで起きることが多いのですが適切な処置によって見た目や機能を回復することが可能ですので万が一の場合はご相談ください。