南千住のリバーハープタワー歯科(歯医者)です。一般、矯正、インプラント、歯周病治療、小児、予防等の歯科治療を行っています。

  • 電話番号

    診療時間 / 午前10:00-13:00 午後14:30-19:00

歯科に関する豆知識

神経を取ったはずなのに歯が痛い?

2019.03.06

虫歯に侵されて、歯が強く痛んだり冷たいものや熱いものがひどくしみたりした時、やむをえず歯の中の神経を取ることがあります。通常はこの処置で痛みから解放されるのですが、まれに何年かした後、歯に痛みが出ることがあります。(正しくは歯肉や骨の痛みなのですが。)この原因は、処置後何年か経過した後に神経の管が汚れて細菌が繁殖し歯肉や骨が炎症を起こすためや歯の根の部分が割れてしまい歯肉が炎症を起こすためと考えられます。
 症状としては、しみるといった症状はなく何もしなくても痛かったり、咬んだ時に痛んだりします。また、神経を取る前のしみる痛みの場合は自分で痛い歯を特定しずらいのですが、神経を取った後の痛みは比較的特定し易いのが特徴です。
 治療は、投薬や根の中の清掃と消毒を行い防腐剤を詰めます。ただし、歯が割れてしまった場合は残念ながら抜歯になることがあります。